キッズスキンボラトリー お問合せ

夏のお庭ではヒロヘリアオイラガに注意!

      2015/09/24

 

成虫は体長約1.5㎝、上側の羽根が半分黄緑色、それ以外の部分が薄茶色の南方系の蛾で無毒。

幼虫は、体長約2.5㎝、薄緑の胴体に黒い線が入っている。全身がとげに覆われており、とげに毒がある。

幼虫は小さい時期には集団で固まっているが、繭が出来るころにはそれぞれ個別に分かれ繭になる。

ヒロヘリアオイラガ1

成育場所

関東より南西に生息、成虫は年2回、6月、8月に現れる。幼虫も同じ時期に見られる。

10月~6月は繭になって木にくっついて越冬する。繭にも毒毛が付着している。

幼虫はカキ、クスノキ、バラ科の木(桜、バラなど)カエデ、ハゼなどに住み葉っぱを食べて生息している。針葉樹は食べない。

街路樹や都会の公園など人の多い場所の木にいることが多い。

 

刺された場合、

チクチクピリピリとした痛みのあとに、やや膨れた紅斑が出来る。

痛みはかなり強く感じる人も多い。痛みが強すぎる時は保冷材などで冷やすと良い。

紅斑が出来た後、かゆみが出てくる。

掻きむしらないためにも、ステロイド剤を塗ると良い。

ヒロヘリアオイラガ3

対策

身近な樹木の葉を素手や素肌で触ることを避けること。葉の裏側などに大量にいることもあるので、

葉っぱに注意するのが1番の予防。

 

庭にある樹木の場合、幼虫のいる葉っぱを取って捨てるのが手っ取り早い。

噴霧器で農薬を播く方法も有効。

PG写真
1日に何度でも使えるノンディート「ピュアガード」をお試して下さい。

 - 子どもと害虫 , , , , , ,

HOMEに戻る