キッズスキンボラトリー お問合せ

カミキリムシじゃないよ!痛ーいデンキ虫だよ。

      2015/09/24

体長10~16mm程度、羽根が薄い緑で頭部分がオレンジ色をしている。

アオカミキリというのもいるが、一回り大きく色が鮮やかなので子供が触りやすい。

卵、幼虫、さなぎ、成虫ともにカンタリジンという毒液を持ち、成虫の体に触れると体液が分泌され、人に害を及ぼす。そのため「でんき虫」という俗称でも呼ばれる。

アオカミキリモドキ1

生息場所

日本全国に生息する。朽ちた木や落ち葉の下に50~200個の卵を産み、やはり朽ちた木で幼虫が育ち1年程度で成虫になる。

5~7月頃に成虫が見られるが、成虫は山だけでなく平地にも多くおり、昼間は大人しく栗の花などの花粉を食べているが、夜間には灯火に集まる。

 

被害に遭った場合

灯火に集まる成虫に触れ、体液で痛みが生じるケースが多い。やけどのようにヒリヒリとした痛みの後、、触った場所が赤くなり、水泡ができる。水泡が破れてびらんを起こすこともある。

触った時には、早目に水で流し、ステロイド薬などを塗っておくと良い。

水泡が破れた場合は、抗菌薬を使用すること

アオカミキリモドキ4

対策

灯火に多く集まるため、夜間家の網戸などをきちんと閉めておくこと。照明を暗めにしておくのも効果的。窓などに防虫効果のあるスプレーを吹き付けておくのも良い。

それらしき虫を見たら絶対に素手で触らないこと、手袋などをしてつまみ出しておく。

また目に入らないよう、目を何かで防護しておくこと。

夜間に街灯に近づかないこと。
PG写真
虫が嫌いなハーブを厳選。「ピュアガード」をお試して下さい。

 - 子どもと害虫 , , , ,

HOMEに戻る