キッズスキンボラトリー お問合せ

子供が絶対嫌がるブユとは

      2016/05/17

【アシマダラブユ】

体長約3~5mm 全体は茶~黒系統だが、足の部分は黄色く茶色の斑点がある(名前の由来どおり)
住む場所によりやや色の濃さが異なる。
キイロアシマダラブユなど数種類存在する。キイロ~はやや色が淡い。

アシマダラブユ2

[成育場所]
日本全国、キイロアシマダラブユは、北海道、本州、九州に生息。
幼虫、さなぎ、成虫共に河川近くで生息している。幼虫は河川付近や水面の植物の葉の近くにおり、水中でさなぎになる(幼虫は水質が綺麗な場所を好む)
成虫の活動時期は3~10月と暖かい時期が多いが、年中見られる。天気の悪い、やや気温が低いときによく活動をする。夜明け、日没が注意時間帯。
成虫のメスが人につき吸血する。群れでいることも多い

 

[刺された場合]
刺された直後に、血が点のように軽く出る。その後、徐々にかゆみが強くなり、紅斑や腫れがひどくなる。
かゆみの程度はかなり強い。
1~2週間とかゆみなどが長く続く。また慢性化することがある。

アシマダラブユ3

[対策]
皮膚を掻くことで、湿疹が慢性化することもあるので、早目にステロイドなどの塗り薬を塗っておく。
外出時には、皮膚を覆う格好をするか、虫よけや蚊取り線香類の携帯も効果はある。
朝、晩に水辺に行く時は特に注意が必要。

PG写真

蚊やアブ等に!安心・安全子ども用 ディート未使用「ピュアガード」

 - 子どもと害虫 , , , , ,

HOMEに戻る