キッズスキンボラトリー お問合せ

攻撃性はないが、もしもの時子どもには注意

      2016/05/17

【アシナガバチ】

いくつかの種類に分かれるが体調は、12mm~27mm程度で、細長の胴体に茶色の羽根、

黒系の胴体に黄色のラインが入っている。

あまり攻撃性のない蜂であり、芋虫や害虫を食べるなど、園芸方面においてはむしろ益虫とも言える。

アシナガバチ2

[成育場所]

概ね日本全国、アシナガバチの中でも代表的な「セグロアシナガバチ」は特に国内の分布が広く、平地に住む人の家によく出没する。

アシナガバチ全般に4~10月が活動期、5月辺りから家の軒先や植物などに巣をつくる(小ぶりのお椀型に蜂の巣状の穴が開いた形)従って人の庭などに多く生息する。

7.8月は人を刺すが、秋口には殆ど人を襲うことはない。

アシナガバチ3

[刺された場合]

まず無意味に人を刺すことはなく、蜂の防衛反応として刺すため、刺されても慌てず騒がず、出来るだけ静かにその場を離れること。

その後、指などで刺された場所の毒を絞り出す、この際絶対に口で吸い取らないこと。

絞り出した後は、水で刺された場所を洗い流し、冷やす。

その後ステロイドや抗ヒスタミン薬を塗る。アンモニアを塗ってはいけない。

 

初めて刺された場合は、放置しておいても良いが、少しでもおかしなことがあれば病院へいくこと。

2度目以降は、アナフィラキシーショックというアレルギー反応が起こる可能性があるので、必ず病院へいくこと。(出来れば1回目も病院へ行く方が望ましい)

毒が回りやすくなるため、飲酒は控えめに。

 

[対策]

巣の駆除をすること~専門業者に頼むこと

また庭に出る場合は、皮膚を覆った白っぽい格好をすること。(帽子をかぶっておくこと)

巣に刺激を与えたり何かを振り回すなど、大きな動きをしないこと。

飛んで来たときや巣の跡に蜂用の駆除剤をスプレーすると良い。

PG写真

蚊やアブ等に!安心・安全子ども用 ディート未使用「ピュアガード」

 - 子どもと害虫 , ,

HOMEに戻る