キッズスキンボラトリー お問合せ

乾燥にも強いネッタイシマカ

      2016/06/26

【ネッタイシマカ】

体長約4.5mm。

雌成虫は熱帯地域で黄熱やデング熱を媒介する有名なヤブカである。

 

ネッタイシマカ

 

[特徴]

黒褐色で、中胸背中央に2本の縦すじがあり、側方には前方で丸く湾曲する明瞭な銀白色斑をもつ。

昼間吸血性で気温20℃以下では吸血しない熱帯のカである。

 

[生態]

幼虫は人家周辺の桶・水槽・バケツから、空き缶・竹の切り株・古タイヤまで、
あらゆる小さな水たまりで生育できるため生活環境に多く発生する。

卵は乾燥に耐える力があり、乾燥して半年後でも再び水に触れれば孵化が可能である。

bg_sabaku

吸血活動には日周リズムがあるが、日中であればほとんどいつでも吸血のために飛来し、
日中から夕方にかけて刺すことが多く、うす暗い倉庫や机の下など、24時間活動できる。

 

成虫の飛行範囲は100メートル程度と比較的狭く、活動範囲は人家周辺に限られ、
家屋伝いに飛び回り、屋内に侵入して住民から吸血する。

 

室内のタンスの裏側、ベッドの下、つり下げられた衣服の間などに潜んで、
人が近づくのを待ち伏せるタイプの蚊である。

 

ヒトスジシマカに比べて、動作が素早く捕獲するのが難しい。
飛来した個体を何度追い払っても、しつこく吸血に来る。

bg_house_living

 

お出かけの際はもちろん、室内での虫除け対策にも

消臭・抗菌効果もあるピュアガードはオススメです!

PG写真

 - 子どもと害虫 , , ,

HOMEに戻る